車輪はふたつなのになぜ?バイクが「単車」と呼ばれる理由

バイク乗りの管理人です。

管理人も正解がわからなかったバイク単車

livedoorNEWS(乗りものニュース):バイク=「単車」のナゾ 車輪ふたつなのになぜ?

以下引用-------------------------------------------------------------------------
車輪はふたつなのに、なぜバイクは「単車」と呼ばれることがあるのでしょうか。調べてみると、「単車」以外にも
様々な呼び方がありました。

20180120_001.jpg
側車(サイドカー)付きバイクのイメージ。「単車」という言葉の由来は、側車が関係しているという(画像:写真AC)。

 車輪はふたつなのに、なぜ「単車」なのでしょうか。モータージャーナリストの伊丹孝裕さんに聞きました。

――バイクはなぜ、いつごろから「単車」と呼ばれているのでしょうか?

 言葉が生まれた時期としては第二次大戦前後です。このころはサイドカー、つまり「側車」付きのバイクが
一般的で、これに対しバイク単体で成立していたものを「単車」と呼んだといわれています。
ただし、諸説あります。

――ほかにはどのような説があるのでしょうか?

 そのころはバイクのエンジン形式にバリエーションがなかったこともあり、単気筒エンジン
(シリンダーがひとつだけのエンジン)の「単」であるとする説、また、「タンタン……」という、高回転しない
当時のエンジン音に由来するという説もあります。ただ、さすがに後者は信ぴょう性が薄いとは思います。

※ ※ ※

「単車」は半世紀以上も前に生まれた言葉ではありますが、伊丹さんによると現在でも50代半ば以上の
世代では一般的に使われている印象で、「古さ」はあまり感じないといいます。一方、全国でバイクの
イベントを主催する日本二輪車普及安全協会(東京都豊島区)にも話を聞いたところ、
「(『単車』は)久しぶりに聞きました。やはり『バイク』や『オートバイ』が一般的ではないでしょうか」とのこと。
若い世代のあいだでは、あまり使われなくなっているのかもしれません。

「エンジン音に由来」説、別の言葉に
「単車」の「単」がエンジン音に由来するという説もあるようですが、そのような言葉はほかにもあります。

 ホンダ、ヤマハ、スズキという国内大手3社の発祥地であり、市の主要産業としてバイクの歴史を紹介している
静岡県浜松市の産業振興課によると「当地域ではバイクが『ポンポン』と呼ばれることがあります」といいます。

「戦後まもなく、本田宗一郎さんが自転車に補助エンジンを取り付けて走らせたことが、ホンダにおける
バイク産業の始まりといえますが、このような補助エンジンの『ポンポン』という音に由来する呼称です。
現在もおもに70代以上でバイクを『ポンポン』と呼ぶことがあるほか、市内では『ポンポン』の呼称を冠した
バイクのイベントも開催されています」(浜松市産業振興課)

 ちなみに、本田宗一郎さんが作った補助エンジン付き自転車は、やはりそのエンジン音から『バタバタ』
とも呼ばれます。このようにバイクの黎明期には「単車」を含む様々な言葉が生まれ、一部は現在も
引き継がれているようです。

【写真】バイクのことを「ポンポン」とも その由来は…?
20180120_002.jpg

1947年発売のホンダA型(通称「バタバタ」)。
こうした補助エンジン付きバイクのエンジン音に由来し、浜松ではバイクを「ポンポン」と呼ぶこともある
(画像:ホンダ)。
---------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : バイク 単車

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告

注目記事