税金154億円を費やした高速船が使われること無く廃船?!

管理人も存在は以前から知っていたが、改めて"廃船"との記事を見て、正直に思うことは
「自衛隊や海上保安庁で引き取って(買い取って)運用できないのか?

livedoorNEWS(NEWSポストセブン):154億円かけた「夢の高速船」 完成直後に計画頓挫で放置中

以下引用----------------------------------------------------
景気対策の名のもとに政府が推し進める巨額公共事業の数々。
しかし杜撰な計画ゆえ大失敗に終わり、国民の血税が泡と消えてしまうケースも少なくない。
そんな“欠陥事業”のなれの果てのひとつが、東京都小笠原村にある「テクノスーパーライナーおがさわら」(TSL)だ。

 1989年に運輸省(現国土交通省)が研究補助金として投じた血税は39億円。
さらに建造費115億円を費やし2005年に完成した「TSL」。全長130メートル、重量1万4500トン、740人収容可能で、
アルミ合金製船舶としては世界最大級だった。
ホバークラフトのように浮き上がり最高時速は72キロ、現在26時間かかる東京~小笠原諸島間を16時間で結ぶ
“夢の高速船”と注目された。

 ところが、完成直後の原油価格の高騰で年間20億円の赤字が試算されるや計画は頓挫。
日本政策投資銀行などが出資する船の所有会社は2013年7月に121億円の負債を抱えて倒産、
TSLは1度も就航することなく広島・江田島の港で解体の日を待っている。
-------------------------------------------------------------
時速72km/hといえば約39ノット。
かなりの高速船だから、いま問題になっている小笠原諸島沖の中国船の領海侵犯問題や、
尖閣諸島の防衛(監視)になど適していると管理人は個人的に思うんですが・・・。

wiki テクノスーパーライナー(TSL)

あぁ、転用構想はあったみたいだなぁ・・・。東日本大震災で使われただけで解体決定とは・・・。
税金の無駄遣いももちろんだが、折角作った高機能船なのにもったいないと思うのは管理人だけだろうか?
せめて技術転用だけは行ってもらいたいものである。

係留されているテクノスーパーライナー(TSL)





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : テクノスーパーライナー TSL 公共事業 血税 解体 運輸省

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/17 09:05)

小笠原村エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告

注目記事