不払い問題進捗Vol.25[終章]

労働審判から午後一番には帰宅。
ちょっと頭の整理していました。

審理開始時間の10分前に到着。
で、入り口エントランスに取り扱う部署ごとに、ドコで審理、公判など行うか一覧が張り出されてる、
が、一覧に自分の労働審判の番号が無い orz

で、近くにいた職員の方に聞くと「労働審判」は直接取り扱いの民事部に行けばいいとのコト。

というわけで取り扱いの第7民事部へ。
すると、既に用意がされていて自分の名前に○印をつけると、待機場所の場所を案内され、
時間までソコで待つことに。

で、時間になると部屋に案内され、裁判官と労働審議官2名の3名が既に部屋にいました。
で、なんと相手方が出廷してきていました。答弁書は返送していなかったのに。

で、まずは裁判官から相手方への申立書に沿っての質問から開始。
まぁ、すんなり深夜勤務手当ての不払いは認めました。
で、忌引き休暇については「就業規則」なるものは無かったと認め、今は作成してある旨回答。
最後にパワーハラスメントについては業務の細かな部分の指摘はあったが、パワーハラスメントにあたる
行為は無かったと回答。

で、今度は申立人である管理人に質問。
深夜割増賃金と忌引き休暇部分は、相手方が認めているため、割愛されパワーハラスメントの部分の質問に。

で、細かな部分を回答すると、一旦中断。

ここで、相手方を待合室に移動させ、申立人である管理人と裁判官審議官2名の個別質問に。
やはり細かく聞かれたのはパワーハラスメントの事実の説明と立証、その被害に終始しましたが、
客観的資料録音データや第三者の証言、医師の診断書)などが皆無に等しい為、立証が難しいことを
指摘されました。確かに録音データも仕事中の発言、行動などに関しては無い状態。
医師の診断書も2012年10月に実母を亡くしており、そのショックで病気が悪化した部分と、仕事での
ストレスで悪化した部分を分離して診断書が作成できないと主治医に言われた為、診断書が無い状態。
んーむ、まさしく八方ふさがりです。

このまま主張し続けて通常裁判に持ち込んでも立証はこのままだと難しいと、裁判官審議官から
諭され(というか説得)され、この部分に関しては今回の労働審判の請求事項からは外す旨、回答。

で、今度は管理人が待合室に移動させられ、相手方への質問時間に。
が、あっというま(5分以下)で呼び出される。

部屋に到着すると相手方が居ない。どうやら和解提案の事項確認と承諾の為のようにひとりにようだ。
深夜割り増し賃金の不払い分と、忌引き休暇分手当て(日当)不払いの2点の支払いでどおでしょう?
と切り出された。

まぁ、あれだけパワーハラスメントに関しての資料、物証不足を指摘されれば承諾せざるをえず、
和解案をそのまま承諾することに。

というわけで、約1時間少々で閉廷。和解内容についての書面は特別送達で郵送されるとのコト。
※が、この記事を書いている最中に裁判所より電話があり、切手が不足しているので
 送付ができないので、切手を収めていただくか直接取りに行くかととのこと。
 切手を収めに行くくらいならその場でもらったほうが早いので、後日取りに伺うことにしました。

結果、和解となるので裁判費用はそれぞれの負担になり、相手から支払われる金員も
申立書に記載した金額の約19%の20数万円に orz
ちなみに支払期日は裁判官からの提案(指示?)で2週間以内。

まぁ、パワーハラスメントでの請求自体に無理がありすぎだったからなぁ・・・。

今後、労働審判を起こす方へ参考までに、以下に箇条書き
・証拠は多すぎることは無い。多ければ多いほどいい。
・金銭的に余裕があるなら弁護士を雇いましょう。
・パワーハラスメントの立証には発言の録音や、目撃証言など客観的な証拠が多数必要です。
・個人で労働審判を申し立てる場合には、一度は無料相談などで弁護士に相談しましょう。
裁判官からでる提案は、できる限りうけるようにしましょう。通常裁判に移行した場合、
 証拠の再提出、訴状の提出など再度似たような手続きが必要となり、なおかつ結果が出るまで
 長期間かかります。

なお、今回の労働審判は初回審理(一回目の審理)で出た、和解提示を受け入れた為、
1回で終了。

というわけで、一応の決着となったわけですが、相手方からは謝罪の言葉は一言も
ありませんでした。
まぁ、「悪いことをした」とは微塵も思って居ないんだろうからなぁ・・・。

正直、管理人ひとりで労働審判は疲れました orz
以前小額訴訟もひとりで行いましたが、それ以上に疲弊したと感じています。
あぁ、いらないストレスにならなければいいが・・・。

管理人注:
本記事ならびに関連記事は、管理人当人の場合によるもので、必ずしも同様の手続きや経過、
結果にはならない場合があることをご理解ください。






ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 労働審判 審理 民事部 裁判官 審議官 相手方 パワーハラスメント 立証 録音 客観的資料

不払い問題進捗Vol.24

いよいよ本日2004年5月26日、労働審判の第一回審理

で、やはりというか何と言うか、相手方から答弁書の返送は無かったようで、
地方裁判所からは何も郵便物は昨日までに届いていない。

ん~、相手方がやはり返送していないと見るのが正解なのかなぁ・・・。
以前、小額裁判のときは返送が遅れて、当日に手渡しされたしなぁ・・・。

まぁ、なんにせよ提出した資料の控えは用意したし、一応心の準備も・・・できているはず。
不安は若干あるので、薬は多めに服用。

もし、相手方が出廷(出席?)しなかった場合、今日の審理だけで終わる可能性がある訳で、
審理確定後の異議申し立て可能期間は、調べた結果2週間。

審理結果の通達方法が公示(裁判所前にある掲示板に張り出される)か、送達(郵送で結果が送られる)の
どちらかが不明になるが、無事確定することを祈る。

って、まだ審理もしていないのに考えが早すぎるか ^^;





ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 労働審判 審理 出廷 通達 公示 送達 確定 答弁書

不払い問題進捗Vol.23

いよいよ5月26日の月曜日に労働審判の1回目の審理があるのですが、
以前の記事で書いた、相手方からの答弁書が裁判所から今日も届いていない。

OFFの雑記:不払い問題進捗Vol.22

で、今日帰宅してから落ち着いて考えて見た。以下箇条書き。
・電話で「弁護士使ってぶっ潰してやる」と言っていた。
・労働基準監督署の監査(調査)でも、弁護士からの指示で「本人から出勤日と勤務時間の詳細を提出しろ」といわれた
 と回答していた。
・管理人は正式な手続きを行い、裁判所から労働審判の手続きを行っているので、申立書や証拠が郵送されている。

上記の3点を良く考えてみると、弁護士がいるなら労働審判の書面が届いた段階で、相手方(依頼主?)の
主張に基づく答弁書を返送してくるはず。が返送されていない。

ということは、やはり「弁護士がいる」はブラフの可能性が高くなってきた。

おまけに、弁護士がいなくても答弁書を返送していなければ、審理ももしかしたら出廷しないかも・・・。

ん~、軽く考えられているのか、バカにされているのか・・・。

まぁ、明日は残業で帰宅が遅くなるので、審理日に持っていく書類などを準備しておくかなぁ・・・。

さて、どうなる事やら・・・。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 労働審判 審理 答弁書 弁護士 ブラフ 出廷 申立書 郵送

不払い問題進捗Vol.22

不払い問題進捗Vol.21でも書いた、相手方の答弁書期限が5月19日で、
今日は5月20日なわけですが・・・

OFFの雑記:不払い問題進捗Vol.21

今日は郵送で何も届かず。相手方から電話もなし。

ん~、なにか予想に反して静か過ぎるなぁ。まぁ、答弁書は返送していれば明日(5月21日)か明後日(5月22日)には
届くはず。

しかし、直接アクションを起こしてこないのは若干不気味だなぁ ^^;

審理日1日目からまさか"バックれる"つもりか?それとも徹底的に争う構えか?

まぁ、答弁書の到着をまちますかねぇ・・・。



ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 不払い 答弁書 期限 届かない バックれる 審理日 争う 不気味

不払い問題進捗Vol.21

申立て受理が完了して、もう3週間経過。

期日請書の送信以来、裁判所から何も送られてこないし連絡もないので電話してみた w

電話をして事件番号を伝えると、担当の審査官の方が電話口に。

何も送られてこないことと連絡が無いことを伝えると、次に書面が管理人のところに届くのは、
相手方に送られた申立書と各証拠の書類一式をみて、「答弁書」なるものを相手方裁判所
送り返してきた場合、その複写が申立人である管理人の元に郵送されるとの事。

ちなみに、初回の審理日が5月26日なので、「答弁書」の返送期限はその1週間前に設定しているので、
もし複写を郵送になるならそれからとのこと。

まぁ、システム的には小額裁判とあんまり変わらないんだなぁ・・・。

相手方から電話でも来るかと思って身構えていたけど、今のところ電話は来ていない。
まぁ、電話来たらまたすべて録音させていただくわけですけどねぇ ^^;

あと、2週間。さて、初回審理日にちゃんと出廷してくるのか?答弁書を返送してくるのか?
来週にはなにかしら動きがあるはず。

それまでおとなしく待つとしますかねぇ ^^





ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 申立て 受理 裁判所 答弁書 相手方 電話 録音 審理日 出廷

不払い問題進捗Vol.20

当直明けで、なぜか体調不良に陥っている管理人です。
明日も宿直なのに orz

昨日(4月24日)の昼過ぎのスマホをチェックすると、着信履歴と留守番電話が・・・
どこかで見た番号・・・、そうだ!地裁労働審判を受け付けてくれた民事部電話番号だ!

早速留守電を聞くと「横浜地裁です。お電話ください」となんとも簡潔なメッセージが w

早速休憩時間を利用して電話

管理人:お電話いただきました○○ですが・・・
民事部:○○さん・・・、あぁ!○○さんお待ちしてました。最初の審理日なんですが・・・
管理人:はい
民事部:5月の28日の朝からはいかがでしょうか?

で、ほぼ確定している勤務表を確認すると、見事に前日が当直 orz

管理人:スイマセン、その日は当直明けになるので、早くても10:30になってしまうのですが・・・
民事部:そうですか・・・。では5月26日はどうでしょうか?
管理人:あ、26日なら休みなので大丈夫です!
民事部:では、5月26日の午前10時からで決定といたしますので、期日請書に記入のうえFAXしてください。
管理人:はい。判りました。よろしくお願いいたします。

と、いうわけでちょっと先になりますが、第一回目の審理が5月26日に決定

明日も当直と残業があるので、今日のうちに記載を済ませておいて明日の出勤時に
勤め先の隣の部署のFAXから送信する予定。

通常の裁判で言う「送達」は多分来週に行われるのかなぁ・・・。

さて、「相手方」となる社長からまた電話くるだろうなぁ・・・。全部自動で録音されるけど w
新たな証拠となる発言でも出てくるかなぁ・・・。

苦労して、証拠そろえて申立書作ってよかった ^^;

あとは、良い結果が出るようにちゃんと答弁(でいいのかな?)できるように要点をまとめておくかなぁ・・・。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 地裁 労働審判 民事部 審理日 決定 申立書 証拠 電話 留守電

不払い問題進捗Vol.19

午前中に証拠の整理・作成が完了したので、昼過ぎに地裁へ。

作成した労働審判の「申立書」「証拠説明書」と各証拠を一通り見てもらい、
一部誤りのあった印紙代の金額を訂正して訂正印を押印。

その間に係の方が「申立書」「証拠説明書」の左側2箇所をホッチキスでとめている。

で、とめ終わったかと思うと、
「全部のページに割り印を押してください」との事。

で、割り印も押し終わり内容を再度確認してもらっていると、なにやらちょっと怪しい雰囲気に・・・。
係の方が「申立書」を持って、上司の方らしき人のところにいって相談している。

で、戻ってきたので説明を聞くと「個人情報の削除と誓約書へのサイン」の部分が
どうやら、不払い金額に加算される仕組みらしく、印紙代が異なってくるとの事。

まぁ、個人情報は削除されなくてもいいかなぁ、と思い「申立書」「証拠説明書」から
前述の記述部分を取り消し線で消して押印。

これで、無事受理になりました。

で、後日担当の方から携帯電話電話が掛かってきて、1回目の審理の日程が決まるわけですが・・・。
電話をもらった後、「期日請書」なるものに記入と捺印してFAXしてくださいとのこと。

えぇーと、自宅にFAXないんですが ^^;

と、言うが早いか担当の方曰く「コンビニから送れますよ」との事。
んー、何かコンビニのFAX使いたくないんだよなぁ・・・。ということでだめもとで言ってみた。
「職場が桜木町なので、直接持ち込んでもいいですか?」
というと、
「お手数でなければそれでも大丈夫です」との事。

で、受理番号表を頂き手続きは完了。

やっとというか、これからというか・・・。

まぁ、「申立書」が送達されたら社長から電話来るかなぁ~ w
多分、来るだろうなぁ w

さて、まぁもう受理されたので余計なこと話す気はないし、審理日の決定を待つのみだ!

最長でも審理は3回で終わるので、5月いっぱいには終わればいいけど ^^;

なんにせよ、これで管理人的には一区切りつきました ^^

停滞というか、取り掛かれなかったサイト開発でも再開するかなぁ・・・。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 申立書 証拠説明書 地裁 印紙代 誓約書 受理 審理 FAX 番号 電話

不払い問題進捗Vol.18

つい、今しがた(19:15頃)労働基準監督署監督官の方から電話があった。

「めずらしく」前勤務先社長に電話が繋がったとの事。

で、前回に監督官の方にお話しておいた「裁判の準備を進めている」とのことを伝えていただいたが、
相変わらず、
「全部の勤務した日と、その勤務時間(出勤時間と退勤時間)を提出しろ」
の一点張りだったようで ^^;

本来、出退勤管理って会社側がするものですよね?と監督官の方にお話したら、
苦笑い(していたと思う)しながら、法律上はそうですね。といっていた。

まぁ、もう裁判しかないと思うので、このまま労働審判にて地裁に申立てする旨、監督官の方に
お伝えし、労働基準監督署への不払い賃金請求の申告はこれで終了ということに。

監督官の方も、あくまで私的な感触として「逃げ切ろう」という空気と「弁護士は実はいない」という
感触はお持ちだったということで ^^;
(注:直接的な言葉でお話されたわけではないが、話の流れからの管理人の判断です)

さて、今晩中に証拠書類の整理・作成と証拠説明書を作成して早ければ、明日の4月23日に
地裁に申立てに行ってきますかねぇ・・・。

申立て後には当然社長の方にも、申立書と証拠書類関連がすべて送達されるわけですが、
多分、また電話してくるだろうなぁ・・・。

既にスマホは"自動録音"の仕様(w)になっているので、電話が来たら新たな証拠が増えるわけですが w

あぁ、そういえば不払い問題進捗Vol.17で書いた、心療内科の診断書ですが、主治医の先生に相談しましたが、
悪いことに2012年10月に母が急逝しており、その影響も悪化の要因になっているとのことで、
証拠能力は低いとのことから、診断書は証拠として採用しないこととなりました。
ちょっと、証拠が減るのは辛いがまぁ、何とかなるかなぁ・・・。

あ、あと労働審判申立てに必要なので、会社の登記簿を法務局で取得してきたわけですが、
「派遣型風俗業」(一般的にデリバリーヘルス=デリヘル)の会社なのに、
「目的」の項目内用が・・・
1.掃除代行業務
2.前号に付帯関連する一切の業務

となっている w いいのかコレ?虚偽記載にならないのかなぁ・・・
まぁ、他にも業務形態の項目が20個以上あって、最後の2項目にやっと風俗営業に関する記述が有るが・・・

あとで、記載されている条項にあった業務だったか調べてみるかな ^^;

さて、ちょっと今晩は当直明けだが頑張るかな ^^





ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 労働基準監督署 監督官 前勤務先 社長 弁護士 地裁 労働審判 診断書 登記簿 風俗

不払い問題進捗Vol.17

労働審判の参考証拠として提出する為に、一番初めに労働基準監督署に教えていただいて
送付した"深夜勤務時間手当て不払い請求書"に対する、社長からの電話のテキスト起こしを、
朝一番にして見た。

改めて聞きなおして、テキストにしてみると支離滅裂な社長の回答というか"文句"に終始している w

「色々とごねている」といっておきながら、「色々って何ですか?言ってください」と聞きなおすと、
話が明後日の方向に摩り替わっている。

まぁ、半分"脅し"で、請求を取り下げさせようと必死なんだろうなぁ ^^;
しかし、電話の後、労働基準監督署不払いの申告を行い、監査、調査が入っているにも関わらず、
弁護士から勤務日と勤務時間の詳細を出せといわれたから出さないと話をしない」とか、
いっていることがおかしい。

勤務日と労働時間って、普通会社が管理、保管するものだと思うのだが?違うのか?
まぁ、労働審判で判断してもらうとして・・・。

テキスト書き起こし完了。

で、今日は持病(鬱病)の通院日。主治医の先生に相談して、今回の不払い期間内に病状が悪化していたので、
そのときの診断書が作成できるか確認を取らなければ・・・。

取れたら「パワーハラスメント」の重要な証拠になるからなぁ・・・。
「病気のヤツは信用できない」とか「お前のやることはすべて信用できない」とか、他にも
恫喝やひどい事いわれたし、退職(事実は解雇に等しいと考えている)も、社長に個別に呼び出され、
前述のようなことを言われ、もう雇っておけないといわれたからなぁ・・・。

さて、通院から帰宅したら労働審判に必要な書類証拠の複製の作成などすべて済ませるかなぁ・・・。

なんとか今月中には申し立てまで進めたいからなぁ・・・。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 労働審判 労働基準監督署 不払い 社長 弁護士 主治医 パワーハラスメント 証拠 書類

不払い問題進捗Vol.16

不払い問題進捗-番外編2014/4/12-」で書いた法テラス弁護士さんが提出する書類へ
署名すべく、弁護士さんの事務所へ。

「いやぁ、確認がたりなくてねぇ^^;」ってなんか軽い w
「これ(署名)もらわないと、相談料がもらえないんだよねぇ」って、管理人には関係の無いことですが?
まぁ、一応先日の無料相談のお礼をして事務所を後にする。

で、横浜地裁が目の前にあるわけで、弁護士さんの相談(説明)で部分部分で不明瞭な部分があったので、
担当の民事部へ質問しに行ってみた。

結果はというと「担当民事部を訪問して大正解」でした。

弁護士さんから説明の無かった、証拠書面等を一覧形式で簡単な内容などを記載する「証拠説明書」が必要なこと。
地裁の中にかなり前にはあった"印紙"を販売する売店がなくなっていたこと。
労働審判郵券は民事訴訟担当部で受けた説明と異なり、必ず切手で納付が必要との事。
あとは、バイクでいっても駐車スペースがあること。(これは立哨していた警備員さんに確認しました ^^;)

これで証拠書類が全部そろう予定が2014年4月19日だから、その翌週には地裁
労働審判申し立てを行えると思う。

あぁ、手間が掛かるのはわかっていたが、結構時間と労力が w

でも、ここでくじけるわけには行かない!コレからが本番なのだから!





ランキング参加中です。ぽちっとクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : 弁護士 法テラス 相談 地裁 民事部 労働審判 証拠説明書 申し立て

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告

注目記事