2019年モデルのiPhone Lightningポートが廃止されUSB-Cポートに移行か

Android使いの管理人です。

iPhoneLightningコネクターがUSBに変更されそうです。

livedoorNEWS(ギズモード・ジャパン):2019年、iPhoneからLightningが消えUSB-Cに移行する…?

以下引用------------------------------------------------------------------
個人的には歓迎したい。

毎年iPhoneが進化していくなか、底面のLightningポートは変わらず採用され続けています。
しかし海外報道によれば、2019年モデルのiPhoneLightningポートが廃止され、
USB-Cポートに置き換えられるかもしれません。

台湾紙のDigiTimesによると、2019年モデルiPhoneの外部接続ポートにUSB-Cが採用されるだけでなく、
iPhoneとiPad向けの充電器もデザイン変更がありそうなんだとか。充電器にもUSB-Cポートが
採用されるかどうかについては触れられていませんが、その可能性は高いとみてよさそう。

USB-Cは高速通信と大容量の電源入力、さらに表裏のないコネクタ形状が特徴で、
すでにMacBookシリーズやAndroidスマートフォンの多くで採用されています。
一方Lightningコネクタの表裏がない形状は先進的でしたが、さすがに目新しさが
なくなってしまったのもまた事実。さらにモバイルバッテリーなどの使い回しを考えると、
USB-Cに移行するメリットは大きいでしょう。

また、以前には2018年の新型iPhoneに付属するUSB-C対応充電器とされる画像が
流出したことがあります。この充電器は高速充電に対応しており、iPhoneと接続するための
USB-C→Lightningケーブルが付属するとのことでした。今回DigiTimesが指摘した新型充電器は、
これなのかもしれません。

ユーザーにとって大きなメリットをもたらすUSB-Cへの移行。唯一の気がかりは、
Lightningコネクタを搭載した周辺機器への対応ですが、こちらはアダプタを使うことになるのでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : iPhone Lightning

NTTドコモの通信速度 788Mbpsから受信最大988Mbpsに高速化

Android使いの管理人です。

livedoorNEWS(ハーバービジネスオンライン):NTTドコモ、通信速度がほぼ1Gbpsに!
                           5年ぶりファーウェイ製スマホも


以下引用-----------------------------------------------------------
 NTTドコモは2018年夏 新サービス・新商品発表会を開催した。通信速度は1Gbps近くとなり、
その高速通信に対応した新商品が披露された。また、5年ぶりにNTTドコモから華為技術
(ファーウェイ・テクノロジーズ)製のスマートフォン(スマホ)も登場した。

◆ついに通信速度がほぼ1Gbpsへ

 NTTドコモはPREMIUM 4GとしてLTEサービスを提供しており、通信速度を従来の
受信最大788Mbpsから受信最大988Mbpsに高速化した。日本の携帯電話事業者が
提供するLTEサービスとしては最速だ。

 受信最大988Mbpsは3CA、256QAM、4×4 MIMOの技術を同時に適用して実現する。
3CAは複数の搬送波を束ねて同時通信するキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した技術で、
3搬送波を束ねて同時通信する。256QAMは従来の64QAMと比べて1度に運べる情報量を増やす。
4×4 MIMOは基地局側と端末側で4本ずつのアンテナを利用してデータを多重伝送する。
いずれの技術も高速化が期待できる。

 3CAの組み合わせはCA_3A-42Cで、周波数はFDD-LTE方式の1.7GHz帯(Band 3)が1搬送波、
TD-LTE方式の3.5GHz帯(Band 42)が隣接する2搬送波、合計3搬送波を利用する。3CAの
組み合わせは受信最大788Mbpsと共通で、3搬送波で256QAMの適用も変わりないが、
4×4 MIMOを適用する搬送波が増えた。これまで4×4 MIMOは3.5GHz帯のみ適用したが、
新たに1.7GHz帯で4×4 MIMOを実装し、3搬送波とも4×4 MIMOを適用して
受信最大988Mbpsに高速化した。

◆5CAの導入や1Gbps超の予告も

 NTTドコモは5搬送波を束ねて同時通信する5CAも導入した。5CAでは4×4 MIMOを適用せず、
256QAMを5搬送波で適用する。5CAの組み合わせはCA_1A-3A-19A-42Cまたは
CA_1A-19A-21A-42Cとなり、前者は先述の3CAにFDD-LTE方式の2.0GHz帯(Band 1)と
800MHz帯(Band 19)を加え、後者は前者の1.7GHz帯に代わりFDD-LTE方式の
1.5GHz帯(Band 21)を利用する。通信速度は前者が受信最大794Mbps、後者が
受信最大744Mbpsとなる。

 2019年春には受信1Gbps超に高速化する。5CAと256QAMに3搬送波で4×4 MIMOを
適用して受信1Gbps超に高速化する見込みで、受信最大1288Mbpsほどに達すると思われる。
なお、NTTドコモの1.7GHz帯は東名阪地域に限られるため注意したい。

◆ほぼ1Gbpsや5CA対応スマホが登場

 受信最大988Mbpsや5CAに対応したスマホとしてHUAWEI P20 Pro HW-01K、
Galaxy S9 SC-02K、Galaxy S9+ SC-03K、AQUOS R2 SH-03K、Xperia XZ2 SO-03K、
Xperia XZ2 Premium SO-04Kが発表された。いずれもLTE DLカテゴリ18に対応する。

 LTE DLカテゴリ18の理論値は受信最大1.2Gbpsであるが、それは全搬送波がFDD-LTE方式で
20MHz幅の帯域幅を確保できた場合に実現できる。実際に豪州では3搬送波ともFDD-LTE方式で
20MHz幅を確保し、3CAに256QAMや4×4 MIMOを3搬送波で適用して世界最速の
受信最大1.2Gbpsとした携帯電話事業者が存在するが、技術の組み合わせ自体はNTTドコモも
同じと言える。

◆ようやく送信も高速化

 NTTドコモは送信の通信速度も高速化した。従来の16QAMと比べて1度に運べる情報量を
増やす64QAMを導入し、1.7GHz帯では従来の送信最大50Mbpsから送信最大75Mbpsとなる。

 LTE ULカテゴリ5に対応した端末で送信最大75Mbpsとなり、HUAWEI P20 Pro HW-01K、
Galaxy S9 SC-02K、Galaxy S9+ SC-03K、AQUOS R2 SH-03K、Xperia XZ2 SO-03K、
Xperia XZ2 Premium SO-04K、Xperia XZ2 Compact SO-05Kが対応する。

 送信は当初の計画より前倒しで高速化した模様で、一部ベンダの基地局から64QAMを
有効化して順次拡大するという。2018-2019年冬には送信100Mbps超への高速化も予告しており、
送信でもCAを導入して64QAMと合わせて送信最大131.25Mbpsほどに達すると思われる。

◆5年ぶりファーウェイ製スマホも

 新商品のラインナップではHUAWEI P20 Pro HW-01Kがひときわ注目を浴びた。
中国の華為技術が満を持して投入した旗艦スマホで、背面には3眼カメラを搭載する。
日本ではNTTドコモが独占で取り扱う。

 これまで、華為技術はNTTドコモにタブレットなどを納入してきたが、スマホは2013年夏以来で
約5年ぶり。
過去にNTTドコモが華為技術製のスマホを発売した際は、悲惨な結果に終わった。
しばらく、華為技術は携帯電話事業者を介さないSIMロックフリー市場を中心に日本でスマホを
販売してきたが、その間にカメラ機能を筆頭にスマホの性能や完成度を高めるなど躍進した。
日本のSIMロックフリー市場でも存在感を高めているが、世界でも認められており、
メーカー別スマホ出荷台数では世界2位も射程圏内に入った。NTTドコモが華為技術製の
スマホを取り扱わなくなった理由は十分に納得できるが、HUAWEI P20 Pro HW-01Kを手に取ると
約5年ぶりの取り扱いも納得という印象だ。

 一方、新商品のラインナップに華為技術と同じく中国・広東省深圳市に本社を置く
中興通訊(ZTE)からは1機種もない。中興通訊は米国政府より制裁を受けて、主要な事業の
停止に追い込まれた。
中興通訊に対する制裁について、NTTドコモ側は新商品のラインナップへの影響を否定したが、
新商品の発売前には認証機関より認定を受ける必要があり、中興通訊がNTTドコモ向けに
新商品を準備していた形跡を確認できる。どうやら制裁の発動後に発表を断念したようで、
中国企業で明暗が分かれた格好だ。
-------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : ドコモ

GoogleマップにAR機能搭載へ

当直明けの管理人です。

Google MAPにAR(拡張現実)機能が実装されるそうです。

livedoorNEWS(ギズモード・ジャパン):GoogleマップのAR機能、一番の楽しみはキツネさん

以下引用-----------------------------------------------------------
20180514_003.jpg
化かさないでね。

もはや生活に欠かせないアプリのひとつとなったGoogleマップGoogleマップのおかげで旅行先でも
迷わなくなりましたよね。
地図やガイドブックも必要なくなり、複雑な外国の町でも安心…と言いたいところですが、
ニューヨークやパリなど複雑な通りが交差している町では、ちょっとマップの見方で迷うことがあります。

ニューヨークはどこに行くにも地下鉄ですが、地下鉄を出た瞬間にGoogleマップを見て
「こっちの方向に歩くのか?それともこっち?」と迷うことは日常茶飯事です。
慣れれば方角もすぐにわかるようになりますが、細い道や斜めの道が何本も交差している場合は
「どこで曲がれば良いのだ?」と考えてしまいます。

そんななか、先日のGoogle I/O 2018で発表されたのがGoogle MapsにAR機能搭載のデモ。
こちらの画像を見ていただければすぐにわかります。これは確かに迷わない!

20180514_004.jpg
それだけじゃありません、多くの人々の心を鷲掴みにしたのが、AR機能に登場するキツネさんです。
キツネさんが画面上に現れて「こっちに曲がるんだよ」といった表情で道を誘導してくれるんです。
可愛すぎます。

日本人的には「キツネの道案内」と言われると「それ騙されるやつでしょ」と身構えてしまいますが、
そんなことはなさそうです。デモはスマホ画面になっていますが、これがスマートグラスで見られるように
なったらもうかなりのペット感が出るのではないでしょうか。
Googleなので4月1日のエイプリルフールの日だけキツネがピカチュウに化ける、なんて遊び心も
発揮してくれたりするのでしょうか。
うーん、もちろんデモなので実際に搭載されるかはまだわかりませんが、楽しみです。

残念ながらこのナビ・ペットのキツネさんに関する情報はこの動画のみ。
これがデモ版だけに登場のアイデアで実用化されなかったら私はかなり悲しみますよ...

-------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : Googleマップ AR

楽天参入で値下げ競争激化、格安スマホ淘汰も

docomoユーザーの管理人です。

Yahooニュース(SankeiBiz):楽天参入で値下げ競争激化、格安スマホ淘汰も 既存事業者にないサービス期待

以下引用---------------------------------------------------------------
 楽天の携帯電話事業への参入が総務省に認められる見通しとなったことで、寡占状態にある市場が
活性化し、利用者にとっては料金値下げやサービス充実への期待が高まる。
ただ、普及の兆しが見え始めた格安スマートフォンにとっては新たな参入者の登場で競争激化は
避けられず、事業者の淘汰(とうた)が進む可能性もある。

 「格安スマホが普及して携帯電話料金は安くなったが、海外と比較すればまだまだ高い」。
菅義偉官房長官は2月の衆院予算委員会でこう述べ、携帯大手各社のさらなる料金値下げに期待感を
示した。

 政府は携帯電話利用者の料金負担軽減に向け、大手から回線などを借りて運営する
格安スマホ事業者を後押ししてきた。結果、格安スマホの3月のシェアは民間調査結果で
10%を超えるなど徐々に浸透してきている。

 楽天が携帯電話事業に本格参入し、割安な料金プランの提供などで格安スマホを含む事業者間の
競争が激しくなれば消費者の利点となる。小林史明総務政務官はフジサンケイビジネスアイの
インタビューに「ただ(料金水準を)値下げしてほしいというのではなく、この国が前に進むためにも、
携帯電話市場が活性化するような新しい事業に期待したい」と強調した。

 楽天には、電子商取引(EC)や小型無人機「ドローン」、農業など各種事業と連携した既存の
携帯事業者にないサービスの提供にも期待する。

 一方、楽天の参入で独立系の格安スマホ事業者にとっては状況が厳しくなる可能性もある。
格安スマホ事業は利幅が薄い上、携帯大手の子会社などが運営する格安スマホのサブブランドにも
押されているからだ。

 総務省は9日開く携帯電話市場の課題を検討する有識者会議で、大手系の格安スマホの
サブブランドに対して透明性を確保した事業運営などを要請する見通し。今後も格安スマホの
普及を後押しする考えだが、楽天の参入は事業者にとって大きな脅威となりそうだ。
-----------------------------------------------------------------------

競争して、docomoも値下げしてくれないかなぁ・・・。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 格安スマホ

「ジョジョの奇妙な冒険」30周年を記念したスマホ ドコモが23日に発売へ

Android使いの管理人です。

ジョジョの奇妙な冒険のスマホが発売されるようです。

livedoorNEWS(マイナビニュース):ドコモ、ジョジョスマホを3月23日発売

以下引用---------------------------------------------------------------
20180320_002.jpg

NTTドコモは19日、『ジョジョの奇妙な冒険』の誕生30周年を記念したスマートフォン「JOJO L-02K」の
発売日を発表した。
発売日は3月23日。
ドコモオンラインショップでの価格は税込125,712円(一括支払時)。

JOJO L-02Kは、「ジョジョの奇妙な冒険」30周年を記念したスペシャルモデル。
原作者・荒木飛呂彦氏の監修のもと、描き下ろし壁紙や、電話の着信音などを画面上に擬音で
表現する「擬音モード」、「スタンド」のエフェクトを採り入れたAR撮影モードなど、多彩なコンテンツを内蔵した。
端末にはオリジナルイラストが描かれる。
カラーはジョジョホワイト。

ベースモデルはLGエレクトロニクス製の「V30+」で、ドコモの2017-2018年冬春モデルとなる。
販売台数は10,000台限定となり、2017年12月20日から予約開始済み。
主な仕様は下記の通り。

OS: Android 8.0

CPU: Snapdragon 835 オクタコア/2.45GHz×4+1.9GHz×4

内蔵メモリ: 4GB

ストレージ: 128GB

外部ストレージ:microSDXC/microSDHC/microSD(最大256GB)

サイズ: W75×H152×D7.4mm

重量: 約158g

ディスプレイ(解像度): 約6.0インチ POLED(2,560×1,440ピクセル)

メインカメラ: 約1,650万画素+約1,310万画素(デュアル)

インカメラ: 約510万画素

バッテリー容量: 3,060mAh(予定)

連続待受時間: 約320時間(LTE時)

通信速度: 受信最大788Mbps/送信最大50Mbps

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

防水/防塵: ○/○

生体認証: ○

ワンセグ/フルセグ: ○/○

接続端子: USB Type-C

カラーバリエーション: JOJO White
-----------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : ドコモ ジョジョ

Android狙ったマルウェア増加

Android使いの管理人です。

何やらマルウェアが流行っているらしいです。

livedoorNEWS(マイナビニュース):先週のサイバー事件簿 - Androidマルウェア急増、
                     Google Playをかいくぐる


以下引用-----------------------------------------------------------------
2月26日週にかけて発生したセキュリティに関する出来事や、サイバー事件をダイジェストでお届け。
Android端末を狙ったマルウェアが増加傾向だ。注意すべきは、Google Playで配信されている
正規アプリにも関わらず、マルウェアなどが仕込まれている場合があるということ。
Google Playのアプリは、当然ながら不正プログラムのチェックがされているが、これをかいくぐる
不正アプリがいくつも確認されている。

○Android端末向け不正アプリ「AndroRAT」の亜種に注意

トレンドマイクロによると、Android端末をターゲットにした不正アプリ「AndroRAT」の亜種が確認された。
この不正アプリは、2016年に公表された脆弱性を利用して端末をルート化する、いわゆる
「Remote Access Tool(RAT)」。シェルコマンドの実行、Wi-Fiパスワードの収集、画面キャプチャといった
不正活動のために利用されるという。

この亜種は「TrashCleaner」というアプリに偽装。不正なURLからのダウンロードで感染すると推測されている。
最初に起動すると、中国語の計算機アプリをインストールするように誘導。同時に「TrashCleaner」の
アイコンは画面から削除され、バックグラウンドでRATが有効化される。

Googleは2016年3月に、該当する脆弱性に対する更新プログラムを公開しているが、更新プログラムが
配信されていない端末も多い。脆弱性が残っている端末は、「AndroRAT」亜種による影響を受ける
可能性がある。

対策としては、サードパーティのアプリストアからのダウンロードをしないこと、Google Playで
提供されるアプリ以外は使わないことなど。不正/迷惑アプリの検出や、不正/迷惑アプリに
関連する不正Webサイトのブロックに対応した、セキュリティソフトの導入も有効だ。

また、Android端末の定期的なセキュリティ更新は、端末の提供ベンダーによって大きな違いがある。
更新プログラムが提供されなくなっている端末は、買い換えを推奨したい。

○Google Playをかいくぐる不正アプリに注意

2017年は、Google Playの正規アプリに偽装した多くのマルウェアが確認された。Google Playで
提供されるアプリは、不正アプリであるかどうかを自動的に分析される。しかし、正規のアプリに
不正行為をさせることで、検出機能をかいくぐっているものが依然として存在する。

例えば、2017年10月~11月に確認されたバンキングトロージャンは、そうした不正アプリの1つ。
オンラインバンキングを狙うトロイの木馬を仕掛けてくる。また、侵入当初は無害でも、
その後タイミングを見計らって不正活動を始める「マルチステージ」型のマルウェアも知っておきたい。

実際のところ、ユーザーがこのようなアプリを不正アプリと見極めるのは困難だが、
できることは徹底しておきたいそれでもできることは徹底するべきだ。

まず、アプリのインストールはGoogle Playからだけにすること。ここで端末の管理者権限を
要求してくる場合は警戒すること。もしマルウェアが潜んでいる場合、削除させないように権限を
要求してくることがあるためだ。

インストールするアプリのユーザー数と、レビュー評価を確認するのもよいだろう。もし何かしらの
被害に遭った人がいれば、その旨を書き込んでいることがあるからだ。気になったアプリを慌てて
インストールせず、広く情報を集めることも大切である。

○My Softbank IDの詐取を目的としたフィッシングメールについての注意喚起

2月27日の時点で、My Softbank IDの詐取を目的としたフィッシングメールが確認されている。
このフィッシングメールは、クーポンを配布すると偽り、IDとパスワードの入力を求めてくる。

フィッシングサイトは現在も稼働中なので、もし表示させてしまったとしても、情報は絶対に入力しないこと。
もし入力してしまった場合は、早急にパスワードを変更するよう注意喚起している。

○バッファローの無線LANルータ「WXR-1900DHP2」に複数の脆弱性

バッファローは2月23日、無線LANルータ「WXR-1900DHP2」に複数の脆弱性があることをアナウンスした。
影響を受けるのは、ファームウェア Ver.2.48以前。

脆弱性の内容は、認証回避、バッファオーバーフロー、OSコマンドインジェクションなどで、放置すると
第三者により任意のコマンドを実行されたり、サービス運用妨害(DoS)攻撃を受けたりする可能性がある。

対策はファームウェアのアップデートを行うこと。対策済みバージョンはVer.2.49以降となる。

○ポルシェジャパン、顧客情報約28,000件が流出

ポルシェジャパンは2月26日、顧客情報の一部が流出したことを公開した。
今回の流出は、同社が個人情報の管理を委託している委託先のサーバに対し、第三者が
不正なアクセスを行ったことによるもの。

初動調査で、2018年1月23日~2月11日の間に複数回、第三者からの攻撃が確認されている。
2018年1月22日以前においては、委託先にアクセス記録が保存されていないため未確認で、
外部機関に依頼して調査中とのこと。

流出の可能性がある情報は、顧客情報の28,722件。2000年~2009年の間に同社のWebサイトを
通じてカタログ請求をした顧客の電子メールアドレスが23,151件、2015年7月に同社が実施した
キャンペーンに応募した人の電子メールアドレスが5,568件、そのほか3件となる。

なお、クレジットカードに関する情報、信用情報、ポルシェ製品、またはサービスに関する取引履歴は
含まれていないとのこと。

○memcachedのポート状態に注意

2018年2月21日ころから、インターネット定点観測システム(TSUBAME)の観測データなどによって、
11211/udpポートへのアクセスが増加していることが確認されている。これは「memcached」に対して
攻撃が行われている可能性が高い。

「memcached」は、分散型のメモリキャッシュシステム。memcachedバージョン1.2.7以降をデフォルト設定で
利用していると、11211/tcpおよび、11211/udpのポートがアクセス可能な状態になっているケースがあるという。

これにより、攻撃の踏み台にされたり、memcachedが保持する情報へアクセスされる可能性がある。
すでにmemcachedを踏み台として悪用したDDoS攻撃の報告があり、500Gbps以上の
リフレクション攻撃も確認されている。

対策としては、memcachedへのアクセスに使うIPアドレスに対して公開を制限するなど、
使用するポートを制限すること。なお、2月27日にリリースされたmemcachedバージョン1.5.6であれば、
デフォルトの状態でも11211/udpは無効になっている。
-------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 不正アプリ

機密情報を盗み見る「ショルダーハッキング」

Android使いの管理人です。

気になるニュースが・・・。

livedoorNEWS(All About):情報を盗む「ショルダーハッキング」の実態と対策

以下引用-------------------------------------------------------------------------
ショルダーハッキングとは?
ショルダーハッキングとはパスワードなどの機密情報を盗み見る手口のひとつです。
壁に耳あり障子に目あり、ではないのですが、モニターに表示された情報やキーボード入力を死角から
こっそりとのぞいて盗み見ます。

「のぞき見」というと、なんとなく古く感じたりしますよね。ところが、4Kカメラなどの高解像度であれば
離れた場所からスマホ画面が撮れてしまいます。古くからある手口ではあるものの、技術の進歩で
手口が進化してしまう恐れがあり、油断せずにしっかりと対策を考えておきたいところです。

どのようなショルダーハッキング被害の事例があるの?
ショルダーハッキングは加害者側がショルダーハッキングしたと自供しない限り、被害者側のほうで
のぞき見されたかなどを調べる方法がなかったりします。ガイドの知る限りでは、ショルダーハッキングの
被害がどのくらいの割合で起きているなどの情報はありませんし、実際に起きた事件も
聞いたことがありません。

とはいえ、大きなニュースにはならないものの、ショルダーハッキングを甘く見てはいけません。
腕時計型の高性能カメラといったスパイ映画に出てきそうな道具が世の中には溢れています。
一方で、技術的なハードルがなく気持ちだけあればできるケースもあり、すぐそこにあるリスクと
考えて間違いないでしょう。

個人でも恨みつらみやイタズラ、ストーカーなどの理由で起きてしまうITトラブルは珍しくはありません。
また違法行為と理解していても、浮気調査でパートナーのスマホをチェックしたいなんてこともあるでしょう。
たとえば、お酒の席だけを狙うなどで長い期間をかけて、パートナーがあなたのスマホのパスコードを
スパイカメラで撮影しようとするなんてことが考えられるのではないでしょうか。
今回はショルダーハッキングを整理してその対策を考えてみましょう。

こちらは誰かを狙ったものではなく不特定多数になりますが、電車内ではほとんどの方がスマホ
操作しています。
スパイカメラにパスワードやプライバシーが映りこむのをひたすら待つ盗撮マニアが潜んでいるかもしれません。

またデジタル情報だけではなく、パソコンのモニターに貼った紙に書いたパスワードが見られてしまうのも
ショルダーハッキングです。街頭アンケートでメールアドレスや携帯電話番号などを書いているところを
こっそり撮影している変態がいるかもしれません。

ショルダーハッキング対策を考える
スマホであっても、ニュースを読んでいるところを見られた程度であれば、のぞき見とは感じないのでは
ないでしょうか。
のぞき見されたら嫌だなという秘密を整理して予防策を考えると間違いありません。

たとえば、スマホにリスクがある場合はパスコードではなく、犯人が再現できない「生体認証」にすることで
ショルダーハッキングを防げます。またスマホで操作しているネット上のパスワードなどはのぞき見を
100%ブロックする方法がないものの、アカウントの乗っ取りは「二要素認証」を設定することで防げます。
こちらは紙でもデジタルでも公共の場所では、のぞかれたら困る情報を扱わないという選択も
大切といえます。

それと身近な友人やパートナーへのイタズラや冗談だったとしても、用意周到な悪質な犯罪に
なってしまうため、間違っても加害者にはならないようにしたいですね。
---------------------------------------------------------------------------------




ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー


テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : スマホ ショルダーハッキング

LINEなどが監視されるAndroidマルウェア「Skygofree」が見つかる

Android使いの管理人です。

Yahooニュース(Impress Watch):LINEなどが監視されるAndroidマルウェア「Skygofree」が見つかる、
                    周囲の音や会話も自動的に録音


以下引用-------------------------------------------------------------------------
 ハリウッド映画ばりのスパイ活動を行うマルウェア「Skygofree」が発見されたことを、Kaspersky Labが
報告している。
監視ソリューションを提供するイタリアのIT企業が開発したものとKaspersky Labではみており、
サイバー監視を目的に設計された極めて高度なモバイルマルウェアだとしている。
大手モバイル通信事業者を装った偽のウェブサイトにおいて、モバイル通信速度改善のための
アップデートを装って拡散されていたという。

■特定の場所で周囲の音や会話を自動的に録音、フロントカメラでユーザーの顔写真撮影も

 Skygofreeは2014年から活動をしており、以来、定期的に機能を強化。インストールされた
Android端末の位置を追跡し、端末が特定の場所に入ったときに周囲の会話や音の録音を開始する機能、
Androidのアクセシビリティ機能を悪用してWhatsAppのメッセージを傍受する機能、
端末のWi-Fiがオフになっている場合でも、攻撃者がコントロールするWi-Fiネットワークに
こっそり接続させる機能など、これまでのマルウェアには無かったような機能が実装されているとしている。
さらに、大手端末メーカーが実装しているバッテリー節約技術を悪用して、自身を
「保護されたアプリ」リストに追加し、画面をオフにしたときにも自動的にプロセスを停止されないようにする
機能も備える。

 このほか、通話記録やSMS、スケジュール、メモリに保存されている情報の窃取、動画・写真の
撮影なども可能。
また、ユーザーが端末のロックを解除するときにフロントカメラを起動して、そのユーザーの写真を
撮影する機能も備えているという。

 なお、Kaspersky Labのクラウドネットワークで記録したSkygofreeの感染件数はこれまに数件で、
すべてイタリア。
また、Windowsプラットフォームをターゲットとして最近開発されたモジュールもKaspersky Labでは
多く発見しており、攻撃者はWindowsユーザーも狙っているとしている。

■国内キャリアの古いAndroid端末が脆弱性攻撃のターゲットに

 Kaspersky Labが報告したこのマルウェアについて、マカフィー株式会社では、そのターゲットは
日本のユーザーである可能性が高いと分析している。

 Skygofreeでは、端末の脆弱性を効率的に攻撃するために、端末のモデル名、ビルド番号、
悪用可能な脆弱性コードの情報がデータベースとして管理されているという。
そのデータベースに含まれる端末のモデル名をKaspersky Labが一覧にまとめているが、
それをマカフィーが分析したところ、日本の通信キャリアから発売されたモデルが半数を占めていることが
判明した。
具体的には、京セラの「HONEY BEE 201K」、サムスンの「Galaxy S4 SC-04E」、
ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia VL SOL21」といった端末が挙げられている。

 また、それらの端末は、2012~2013年ごろの時期に発売されたモデルが多いことから、
OSやファームウェアのソフトウェアアップデートが提供されなくなった古い端末がターゲットになっていると、
マカフィーでは指摘している。

 さらに、Skygofreeが監視対象としているメッセージングアプリの1つとしてLINEが含まれており、
その連絡先と通話履歴の収集を試みるようになっている点に着目。
しかも、そのコマンド処理の優先順位は、Viber、Messanger、Facebook、WhatsAppとったアプリではなく、
LINEが真っ先に行われるようになっているという。

 マカフィーによると、国内の通信キャリアをかたって偽のシステムアップデートのインストールを
促すような偽のウェブサイトは、現時点では発見されていない。
「しかし、脆弱性を突くためのターゲットデバイスの多くが日本で発売された端末であり、
さらに日本で有名なメッセージングアプリ『LINE』がその監視対象であることから、このスパイウェアの
標的は日本のユーザーであると推測できる」と指摘。
今後、Skygofreeをインストールさせようとする偽サイトが作成される可能性があるとして、
日本のユーザーに気を付けるよう呼び掛けている。
---------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : マルウェア

Androidスマートフォンの電池節約方法

まだまだ連続勤務の管理人です。休みがほすぃ・・・。

livedoorNEWS(マイナビニュース):Androidスマートフォンのバッテリーを節約する9つの方法

以下引用-------------------------------------------------------------------------
連日、iPhoneのバッテリー問題がメディアを賑わせているが、スマーフォンユーザーにとってバッテリー
どの程度持つかは重要だ。少しでも長くバッテリーが持つに越したことはない。本稿では、
Androidスマートフォンバッテリーを長持ちさせる方法を紹介しよう。

○(1)ディスプレイの明るさを調整する

画面は明るくすればするほど、バッテリーを消費するので、極力、明るさは抑えたいところだ。
まず、明るさを自動調整する機能があるが、バッテリーの消費を考慮するなら、この機能を使うのはやめよう。
ディスプレイの明るさは、[設定]-[画面設定]から設定を変更できる。

○(2)バイブレーションをオフにする

スマートフォンでは、着信があったり、タッチ操作をしたりすると、バイブレーションが働くように設定できるが、
そのたびにバッテリーが消費されることになる。[設定]-[音設定]から、バイブレーションについて設定できる。

Androidの設定では、Androidで提供しているバイブレーションしかオフにできない。自分でインストールした
アプリについては、個別に設定を変更しなければならない。

○(3)スリープ機能を調整する

Windowsで一定の時間がたつとスクリーンセーバーが起動するように、Androidでも、一定の時間がたつと
画面が自動的にオフにする「スリープ機能」がある。スリープモードに入るまでの時間が短いほど、
バッテリーの消費を抑えることができる。したがって、スリープモードに入るまでの時間は極力、
短めにしておこう。スリープ機能もディスプレイと同様に、[設定]-[画面設定]から設定を変更できる。

なお、スリープ時のWi-Fi接続も調整できる。「常に使用する」「充電時は接続を維持する」
「接続を維持しない」の選択肢があるが、バッテリーの持ちを考えるなら、「接続を維持しない」を選ぼう。
この設定は、[設定]-「Wi-Fi」から変更できる。

○(4)不要な通信をオフにする

Androidでは、Bluetooth、Wi-Fi、NFCを利用できるが、これらをオンにすることで、バッテリーを
浪費していることも考えられる。そこで、必要がない通信はオフにしておこう。

また、GPSをオンにしていると、GPS衛星が発信する電波を受信して位置を特定しているので、
それなりのデータ通信が発生する。こちらも、使わない時はオフにしておこう。

○(5)Googleアシスタントをオフにする

会話形の検索サービス「Googleアシスタント」をオンにしていると、常にスタンバイしている状態になり、
バッテリーを消費することになる。そのため、音声検索などを使わないなら、オフにしておくとよい。

○(6)アプリをアップデートする

スマホアプリは頻繁にアップデートされるが、その目的の1つがバッテリーの最適化と言われている。
したがって、インストールしているアプリは最新の状態に保っておきたいものだ。なお、不要になった
アプリは削除しておこう。

○(7)Googleの自動同期をオフにする

Androidでは、さまざまなGoogleのサービスと自動的に同期するように設定されている。
設定を見てもらうとわかるが、利用していないサービスまで同期が設定されていることがある。
同期を行うと、データ通信が行われるので、当然、バッテリーも消費する。

そこで、利用していないサービスの同期はオフにしよう。[設定]-[アカウントと同期]-[Google]をタップすると、
アカウントが表示される。ここでアカウントを選ぶと、Googleのサービスの同期の状況がわかる。

○(8)真っ黒な壁紙を使う

これまで説明してきたことを合わせると、複数の画面が切り替わるライブ壁紙や鮮やかな色彩の壁紙よりも、
シンプルで軽い壁紙のほうがバッテリーの消費が少ないことはおわかりいただけるだろう。

Google Playでは、Androidアプリ「純粋な黒の壁紙」などが提供されている。興味がある人は、
こうしたアプリを使ってみてもよいだろう。

○(9)節電アプリ「Greenify」を使う

これまで、バッテリーの消費を抑えるためのテクニックを紹介してきたが、これらをちまちま設定するのが
面倒という人は、節電アプリ「Greenify」を利用してみるのもよいだろう。

Greenifyは、スリープ時に指定したアプリの動作を自動で止めて、スリープが解除されると、
アプリはすぐに起動してくれる。
---------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

tag : スマートフォン バッテリー

古いスマホの使い道を調査

まだスマホは2台目の管理人です。

livedoorNEWS(BCN RETAIL):宝の持ち腐れが多数? 古いスマホの行く末を調査

以下引用-------------------------------------------------------------------------
 機種変更したあとのスマートフォンは、どのようにしているだろうか。SIMカードがないため、通話や
モバイルデータ通信はできなくなるが、実は様々な使い道がある。そこでBCNは、スマートアンサーを
提供するコロプラと共同で、以前使っていたスマホ(以下「古いスマホ」と表記)の使い道に関する
アンケート調査を12月に実施。その行く末を追った。

 まずスマホ利用者1022名に対して、1つ前に使っていた携帯電話(ガラケー含む)の種類を聞いたところ、
84.3%が「スマートフォン」と回答し、スマホからスマホへの買い替えが多くを占めている。その862名のうち、
1つ前の古いスマホを「今は使っていない」という人は71.2%で、今も使っている人は3割にも
満たない結果となった(図1上)。

 では実際、使わなくなったスマホはどのように処理・対処したのか。その質問の回答では、
「キャリアや販売店の下取りに出した」(36.5%)、「リサイクルショップ・買取店に売った」(6.4%)などの
買取・下取りに関する項目に対し、最も高い比率となったのは、「使っていないが、自宅に置いてある」
(45.1%)だった(図1下)。古いスマホの非利用者のうち、約半数近くが使わず置いたままにしている
ことが分かった。

 一方、古いスマホを使い続けている人の利用用途はさまざまだ。「音楽再生プレーヤー」(38.3%)や
「動画再生プレーヤー」(29.8%)、「ゲーム」(28.6%)などのコンテンツを楽しむ人が多いほか、
「写真等のデータ保存場所」(25.4%)としても活用されている。また年代別にみると、20代は
前述したコンテンツ利用の比率が高いが、50代では「計算機」や「電子辞書」が多く、属性でも大きく
傾向が異なっている。

 このような買取・下取り対応や二次利用は、古いスマホを有効に活用できていると言える。
対して、非利用者の処理・対処法として最も多かった、自宅に置いてあるが使っていないという人は、
宝の持ち腐れになってしまっていると言っても過言ではない。自宅に古いスマホがまだあるという人は、
電源を入れてみると、意外な使い道が発見できるかもしれない。

 また、例年通りであれば、1月から3月のスマホ市場は新生活に向けての需要期に入る。
近々スマホの買い替えを考えている人は、今使っているスマホをどうするのがベストなのかを考慮した
商品選びをするのも良いだろう。
---------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : スマホ

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告

注目記事