"桃太郎電鉄"終了のお知らせ。となるのか?

管理人はプレイしたことはありませんが人気のシリーズ"桃太郎電鉄"。
とある事情で今後新作が出ることがなくなりそうな・・・。

livedoorNEWS(J-CASTニュース):生みの親が「桃太郎電鉄を正式に終了」 ゲーム会社との間に何があったのか?


以下引用------------------------------------------------------------
大ヒットゲームシリーズ「桃太郎電鉄」の生みの親でクリエイターのさくまあきらさん(62)がツイッターで、
ゲーム会社と担当者の実名をあげて激しく非難し、「桃太郎電鉄は、正式に終了します」と宣言した。

桃鉄」はゲーム会社ハドソンのシリーズだったが、2011年にハドソンコナミの完全子会社となり、
翌12年にコナミデジタルエンタテインメントに吸収合併された。
この頃から、さくまさんとコナミの関係に齟齬が生じていたようで、さくまさんはこれまでもコナミに対する批判と
桃鉄」の終了を口にしていた。

桃鉄」の権利をコナミから買い取ろうとした?
さくまさんは15年6月2日、自身のツイッターでこんなことをつぶやいた。

” 「コナミから何の連絡もない。こんな調子でずっとほったらかされた。ここに桃太郎電鉄は、正式に終了します。
すべてコナミの○○が握り潰しました」(編集注:○○は実名)”

何が起きたのかというと、どうやら「桃鉄」シリーズの新作について担当者に何かを提案したところ、何の連絡もなかった、
ということらしい。
関係者のツイートによれば、15年5月末までに返事を貰える約束だったが6月2日になっても来ないため、
こうした発表になったのだそうだ。さくまさんはこうもツイートしている。

”「桃鉄の権利をコナミから買い取って、ほかのメーカーから発売すればという意見もある。
だから、コナミにパーセンテージ払って発売することを提案。コナミの○○は上に聞きますと言いながら、
その後も要求した返答なし。だから桃鉄を終了」(編集注:○○は実名)”

また「コナミはゲームを作れる会社ではないことが分かった」、などといった批判も展開し、こうした意見に
賛同する人たちのリプライを自身のツイッターに掲載している。

「桃鉄」は1988年に任天堂のファミコン用ソフトとして発売され、2010年まで21作の家庭用ゲーム・携帯型ゲームソフトが
開発されたほか、携帯電話やスマホのアプリもある。
ただし、ハドソンがコナミの完全子会社になった11年以降は家庭用ゲーム・携帯型ゲームソフトのリリースはなく、
12年2月に出した携帯電話用アプリ「桃太郎電鉄TOKAI」が最終作品となっている。

以前にも「シリーズは終了する」
さくまさんはコナミを批判するようになっていて、11年12月11日に「ニコニコ生放送」に出演した際には、
「桃鉄」の開発陣のトップ4人のうちコナミは息苦しいと3人が辞めて行ったなどと説明し、「桃太郎電鉄 TOKAI」を最後に
シリーズは終了する、と語ったり、12年9月1日には自身のツイッターで、

”「コナミに○○という男がいるかぎり、桃鉄、桃伝はつくらないよ」(編集注:○○は実名)”

などと批判をしていた。

コナミデジタルエンタテインメントに対し、さくまさんとの間にどんなトラブルがあったのか、「桃鉄」はもう新作が
出ないのかなどを聞くため広報に取材を申し込んだが「担当者は打ち合わせ中です」とのことで、
15年6月3日夕現在、返事はまだ来ていない。
---------------------------------------------------------------------

これでまた人気シリーズがひとつ終わってしまいそうですね・・・。





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : 桃太郎電鉄 さくまあきら ハドソン コナミ 桃鉄 桃伝

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告

注目記事