電気代がかさむ暖房のNG使用例

これから暖房器具が活躍する季節ですが、こんな記事が・・・。

livedoorNEWS(WooRis(ウーリス)):家は暖かくても懐は寒い!電気代がかさむ「暖房のNG使用例」3つ


以下引用----------------------------------------------------------------------
今年も、暖をとりたくなる季節がやってきました。暖房器具の準備はできましたか?

暖房を使い始めると、驚くほど高い電気代の請求書が来て、家は暖まっても、懐は寒くなってしまいがちに。

だからといって、特に小さいお子さんがいる家庭では、暖房器具を使わないわけにはいきませんよね。

そこで今回は、実は電気代を無駄にしてしまっている暖房のNG使い方を、資源エネルギー庁のHPを参考に
ご紹介したいと思います。

■NG1:エアコンのつけっぱなし
設定温度が高めだったり、誰もいない部屋のエアコンをつけっぱなしにして、電気代を無駄にしていませんか?

エアコン(2.2kw)の設定温度を21℃から20℃にして1日9時間で使用した場合、年間節約額は1,170円でした。
さらに必要なときだけつけた場合(1日1時間短縮を想定)、900円の節約になります。
これで合計2,070円になります。

また、夏場でも同じですが、フィルターが目詰まりしていると電気代がかさみます。
月に1回か2回目詰まりをとるだけで、700円の節約になるので、定期的に掃除をするようにしましょう。

20℃は寒いと思われる方もいますが、“ドアを開けっぱなしにしない”、”床まで届く長く厚手のカーテンを使う”、
“扇風機を使う”ことで、20℃でもグンと暖かくなりますので、試してみてください。

■NG2:部屋が暖まっても、ガス・石油ファンヒーターの温度を下げない
部屋が暖まったあとも、ガス・石油ファンヒーターの設定温度を高めのままにしておいたり、
つけっぱなしにしたりしていませんか?

室温は20℃が目安です。同じ条件で節約するなら、エアコンよりも断然、節約効果が実感できます。

その額なんと、ガスファンヒーターだと3,640円、石油ファンヒータだと2,700円になります。

ガス・石油ファンヒーターは、一回暖まればすぐに室温が下がることはありません。もったいないので、
早めにスイッチをOFFするようにしましょう。

■NG3:こたつで敷布団を使っていない
冬になると“こたつ”が恋しくなります。しかし腰から下しか温まらず、ついつい他の暖房器具も併用してしまいますよね。
ダブルで使用して、電気代やガス代を浪費していませんか?

こたつの節約ポイントは、“敷布団”を使うことです。上掛けとセットで使うことで、暖かい空気が逃げません。
1日5時間使用すると、敷布団とセットだと710円の節約になります。

また敷布団を使うことで床からの寒さも伝わらず、暖かさが増します。設定温度を“強”から“中”にすると、
1,080円の節約に。

上半身の冷えには、羽織物を使いましょう。こたつと同時にヒーターやエアコンを使うときは、控えめな
温度設定になるよう心がけましょう。

以上、実は電気代を無駄にしてしまっている暖房のNG使い方をお伝えしましたが、いかがでしたか?

カーディガン・ひざかけ・靴下でも体感温度がアップしますので、あと一工夫して節約したいですね。
浮いたお金で、お正月料理が豪華になりそうです! 楽しみながら節約しましょう。
------------------------------------------------------------------------------





ランキング参加中です。ぽちっとクリックして頂きますと、管理人が元気になり更新頻度が上がるかも。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング  ブログ王ランキング バナー

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

tag : 暖房 20℃

カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ クラウド
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おふらいん

Author:おふらいん
鬱病(治療中)で、サイトビジネス開発中。

ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
リンク他

Amazon広告
広告

注目記事